MRビデオチャットのビジネス価値

「どうしたら」というフレーズ、よく耳にし、口にするかもしれません 

ビジネスの世界において、「どうしたら」という表現は、あらゆるところで見られます。 

  • どうしたら、業績を損なうことなくサービスコストを削減できるか? 
  • どうしたら、増員することなく生産性向上と効率アップを図ることができるか? 
  • どうしたら、自分たちの実務経験を、新入社員教育に効率的に活用できるか? 
  • どうしたら、カスタマーロイヤルティを向上させ、より良いCXを提供し、クライアントの成長と定着を図れるか? 

疑問に答える鍵-MR

事業を展開する方はご存知のように、「どうしたら」という疑問にはきりがありません。企業は技術や経験を活用することで、それらの疑問を乗り越えてきました。

そういった疑問を解決する手段として、近年MR(統合現実)が注目を集めてきています。顧客から寄せられるトラブルや問題を、「低コスト」で、「効率よく」、「顧客満足度を損なうことなく」、「迅速に解決」することで、企業価値を高めることに成功している企業が多数存在します。

MRビデオチャットのビジネス活用は、まさにその一例と言えます。

 

ビデオチャットがあれば、リモートでも映像を見て状況を判断し、問題点を把握することができます。

状況さえ判断できれば、あとは専門の担当者が遠隔から作業手順を伝えて、即問題解決!

…といけばいいのですが、映像と言葉だけでは伝えきらない複雑な作業が数多く存在します。

単純な作業でも、口頭だけで伝えようとして、「違う!そこ、もっと、こう!いや、そこじゃない!」となった経験があるのは、私だけはないでしょう。

 

「どうしたら」遠くにいつつ、迅速で明快なサポートを実現できるでしょうか。

MRを使えば、バーチャルで簡単に問題解決できます。

顧客からの技術的トラブルに、MRビデオチャットを使うなら、遠隔で問題点を見極め、MRビデオチャット上の映像を通じて解決まで導くことが可能になります。

つまり、専門家が現場まで足を運ばなくても、まるで隣にいるかのように伝えることができます。

 

MRビデオチャットをベースにしたサービスにより、何が可能になるでしょうか。

  • エンジニアリングにおける人的リソースを効率的に活用
  • コスト削減
  • 顧客満足度向上
  • 顧客側のコスト削減
  • 健全な投資収益率

Help Lightning

では、「どうしたら」迅速かつ効率的なサービスを実現できるでしょうか? 

革新的で最先端技術を用いたソリューションが、その疑問にお答えします。 

 

Help Lightningは、革新的なMR技術の代表的なサービスを提供します。 

Help LightningはMRビデオチャットベースのヘルプサービスを通じて、テクニカルサポートや技術系ヘルプデスクを擁する企業業績向上に寄与しています。 

株式会社CBAでは、Help Lightning社のMR遠隔サポートシステム導入のお手伝いをいたします。お手元のiPhone, iPad, AndroidデバイスにHelpLightningアプリをダウンロードして、CBA営業担当による遠隔サポートのデモを実際にご覧いただけます。お気軽にお問い合わせください。

MRビデオチャットのビジネス価値
トップへ戻る