MR(複合現実)技術で、みんなから引っ張りだこの「スーパースター」になる5つのポイント

どんな世界でも、そのフィールドで「スーパースターになる」ことほど困難なことはありません。スーパースターは相当大変です。聞けば何でも答えてもらえ、どんな仕事にも通じていて、人望も厚く、何でもできる…加えて、チームのパフォーマンスを引っ張り、お客さんの満足度を維持し、例外的な問題に対してもすぐに解決策を提示できるといった、いわゆるオールラウンダーであることが望まれるからです。でなければ、スーパースター認定などされないのです。スーパースターになる茨の道歩まなければいけないのです。しかも最近では感染症対策で自粛要請、渡航制限、不要不急の外出を控えろ、自分の居場所は狭くなるばかり…そんな中でビジネス効率化だなんだと求められても、どうしろと?と言いたくもなります。 

どうですか?スーパースター。なれますか?無理?いやいや、諦めるのはまだ早いです。だってMR(複合現実)技術を手に入れれば、茨の道も楽に突き進めるんですから。というわけで、MR技術を使うとどんなふうにスーパースターになれるのか?5つのポイントご紹介します。MR技術というまだあまり馴染みのない言葉に怯む前に、とりあえず次の5つのポイントをぜひ御覧ください。 

 

1.どこへでも行ける 

MR技術は、こちら側が見ている世界と向こう側が見ている世界を一つに融合して共有できるだけでなく、向こう側の世界に入り込むことができます。世界中どこにいても、ヘルプを欲しているところ飛んでいける物理的な枠を超えことのできるこの機能があれば、あとは自分の持っているナレッジを思う存分発揮するだけです。 

2.みんなの相談役に。 

自分の経験を他のメンバーにシェアすることでチーム全体がハッピー・効率的になれます。MR技術はそんなところでもあなたの味方に。自分の画面に相手を「入り込ませ」て、または自分が相手の画面に「入り込む」ことで、自分の持っている技術やナレッジを直に見せることができます。そうした「技術の継承にまつわる物理的・精神的な障壁を超えることで、チーム、ひいては会社にインスピレーションを。  

3.お客様笑顔 

お客様の笑顔は、企業にとっては明日への糧です。遠隔でお客様に「寄り添える」企業は、より友好な関係をお客様と築くことができます。リンクで素早くつながり、お客様の課題をささっと解決できれば、ヘルプライトニングの持つ素晴らしい問題解決力顧客満足度アップ確実です。お互い待つ必要がないので、お互い笑顔に。  

4.言語化のイライラ払拭 

MR技術を使えば「動き」を伝えることができます。百聞は一見にしかず。「動き」を伝えられれば、何が必要かを確実に伝えることができます。動きや必要なアクションをうまく伝えられず、またはうまく理解できずに発生するイライラが、MR技術を使えば一瞬にして解消可能に。  

5.定時でさよなら。 

ワーク・ライフ・バランス。働き方改革。在宅勤務。自粛要請。最近ホットなトピックですが実はMR技術との相性は抜群なんですMR技術があれば、遠隔で様々なタスクや業務をこなせるだけでなく、在宅勤務などで課題になってくるコミュニケーション問題もスムーズに乗り越えられます。自粛要請で出張制限がかかっても、感染症対策で渡航制限がかかっても、ヘルプライトニングだと遠隔地でもスムーズなコミュニケーションとアクションの共有が可能になるため、無意味な「自粛疲れ」等に陥るのを避けることができます。 

 

このように、ヘルプライトニングが誇るMR技術で、茨の道も楽々歩いていけます。2つの世界を一つに融合できてしまうMR技術。そこに入り込み、ときには相手に入り込ませ、自社ビジネスを効率化し、無用な出張コストをなくして、みんなをハッピーにできれば、自分もハッピーになれます。 

MR(複合現実)技術で、みんなから引っ張りだこの「スーパースター」になる5つのポイント
トップへ戻る